2012年10月25日

「レクサス CT200h LEDルームランプセット」が好評:すごく明るい・5775円

「レクサス CT200h LEDルームランプセット」が好評です。2012年バージョン。レクサス CT200h専用設計。税込み5775円。

img57797638.jpg

レクサス CT200h LEDルームランプセット」の口コミ一覧を見る。「購入してすぐ車に設置しました。車の雰囲気をすごく明るくなってきたので、夜のドライブはとても楽しいです。商品も難もなく設置できて、しかもフィット感がとてもよかったのですばらしい商品です」

「金曜日の夜中に注文して日曜日の夕方には到着。発送も早くて感動です。今までルームランプは汎用品(24灯)を入れていたけど、真ん中にこじんまりとLEDが集中していてイマヒトツ。これに交換して満足度120%。もっと早く注文すればよかったと後悔するほど。無駄に夜に車に乗ってしまいます。バニティランプの取り付けは分かりにくく苦労したけど、あとは説明書を見なくてもバッチリ。でもせっかくの専用設計なのだから取説も車種別に作成してもらえたら・・・」など。



posted by とも at 11:28| レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

GS450h 試乗記:シームレスな気持ちの良い加速・シャープなハンドリング

レクサス GS450h 試乗インプレッションによれば、「GS450hは、シームレスな気持ちの良い加速フィールを味わえ、また、アクセルへのトルク伝達が途切れないため、どんなコーナーでも気持ちよく走り抜けられる」とのこと。

また「GS450hは、ボディーの大きさを感じさせないシャープなハンドリング。ECOモードもある」。

GS450h 試乗インプレッションの動画を見る。

この動画を見ていると、小金井カントリーの理事をやっていた方が「俺は、自動車と女性は一流のものにしか乗らない主義」と言っておられたのを、つい思い出しました。
posted by とも at 14:49| レクサス gs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

「レクサス RX450h」試乗記:4.5リッター並みの走り・水平のエレベーターに乗っている感じ

自動車評論家の熊倉重春による「レクサス RX450h」試乗記が、you-tubeで見れます。市街地や高速道路を運転しながらの解説で、なかなか具体的でわかりやすいです。

加速感あり。モーターの助けもあり3.5リッターエンジンでありながら、4.5リッター並みとなるその走り。トータルで、トルクで8000ccを超えるバカ力。1L16.4kmとすごい。

また、レクサス RX450hには、エアーサスペンションのため、荒れた路面で-もフラットに保たれる車体で、まるで水平のエレベーターに乗っている感じ、衝撃を柳に風のように受け流す、、、など言っています。

自動車評論家の熊倉重春による「レクサス RX450h」試乗記
posted by とも at 14:44| レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月28日

レクサスGS350“Fスポーツ”の試乗記:加速性・コーナーリング・安全性能がパーフェクトー4つ走行モード設定

2012年1月フルモデルチェンジしたレクサスGSのスポーツタイプのレクサスGS350“Fスポーツ”(FR/6AT)の試乗記では、「印象的なスピンドルグリル。ずっしりとした踏ん張りのあるデザインに」「乗り込むと最新鋭の装備に驚かされる」「加速性・コーナーリング・安全性能がパーフェクト」となっています。

価額は680万円。フロントウィンドウに、スピードメーター、シフトポジション、タコメーター等の情報が表示される。

ユーザーの好みに合わせて、走りを楽しめるようにするため、レクサスGS350“Fスポーツ”には、『ノーマル』『ECO』『SPORT S』『SPORT S+』の4つ走行モード設定があります。設定変更時には、モニターにモードが表示される。量販車において世界最大の12.3インチのカーナビディスプレイとともに標準装備されているバックモニターにより車庫入れなどバック走行が簡単に可能。

なお、「レクサス ISF」のオーナーを対象としたドライビングテクニックの向上を図るワンメイクドライビングレッスンを、富士スピードウェイは、9月19日(水)に、モータージャーナリストの五味康隆氏とレク
サス IS F 開発責任者の矢口幸彦氏を講師として、開きます。

GAZOOのレクサスGS350“Fスポーツ”(FR/6AT)試乗記詳細
posted by とも at 12:09| レクサス gs | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

清水和夫の新レクサスLS海外試乗レポートとは?JC08モード燃費=11.7km/L

清水和夫の新レクサスLS海外試乗レポートが carviewに載っています。

レクサスLS600hL は、エンジン=5.0リッターV型8気筒DOHC直噴ガソリン、最高出力=290kW(389ps)/6400rpm、最大トルク=521Nm/4000rpm、トランスミッション=電気式CVT、JC08モード燃費=11.7km/L。

新レクサスLS海外試乗レポートは、スピンドルグリルはかなりイイ、パフォーマンスは変わらないが、燃費が改善、予算が許すならLS600hに乗りたい、、、などからなっています。

「0-100km/h加速はLS460よりも若干速い5.5秒。CO2排出量は199g/km(11.7km/L)とこのクラスでもトップレベル。ガソリン車もハイブリッド車もパフォーマンスは変わらないが、燃費では5〜9%の改善を実現している」とのこと。

渡辺敏史のレクサス 新型LS 試乗レポート もあります。







posted by とも at 23:23| レクサス ls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

「レクサスLFA」の透明のプラモデルをタミヤが発売へ:隅々まで実車を精巧に再現:5460円

内部が透明に見える「レクサスLFA」の1/24のプラモデル(組み立てキット)を、模型メーカーのタミヤは発売。隅々まで実車を精巧に再現している。5460円。

package_thmb.jpg

「レクサスLFA」の1/24のプラモデルは、2011年東京モーターショーのレクサス・ブースに「実車の製造工程を再現するジオラマ」の一部として展示されたほどの素晴らしい出来栄え。

リヤフェンダー内のエアダクトや後部に搭載されたラジエターも観察可能。内部メカニズムの塗装に腕を振るうのも楽しみなクリヤーボディ 。フロント・リヤのメッシュ部分をはじめ、アンダーパネルのセンターブレースなどもエッチングパーツで用意。

タミヤのフルビュー レクサス LFA

posted by とも at 15:58| レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月17日

ニュー レクサス LSの世界初公開は7/30にサンフランシスコで:フェイスブックでも

モデルチェンジが噂されるレクサスのフラッグシップ「LS」の世界初公開は、7/30、アメリカのサンフランシスコ特別会場。同時にニューLSの詳細情報は、フェイスブックのレクサス ヨーロッパ・アカウントで公開される予定。

なお、ニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝した「GAZOO Racing LEXUS LFA No.83」が、8月4日、5日の2日間、東京ビッグサイトで開かれる「東京オートスタイル 2012」のトヨタブースで展示されることになった。


posted by とも at 10:17| レクサス ls | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。