2013年03月06日

新型レクサスISのハイブリッド「IS300h」は燃費は23.2km/リットル、最高速201km/h:5日に欧州でも初公開

新型ISのハイブリッドの「レクサスIS300h」が、スイスで開幕したジュネーブモーターショー13で5日欧州でも初公開した。燃費は23.2km/リットル、最高速201km/h。日本にも投入される。 トランスミッションは電気式無段変速機で、駆動方式はFRで、新型トヨタ「クラウン」のハイブリッドと基本的には似たシステム 新型ISのハイブリッドの「レクサスIS300h」には、2AR-FSE型直噴2.5リットル直列4気筒ガソリン「D-4S」エンジンに、モーターを組み合わせたハイブリッドシステムを使っている。。エンジンの最大出力は174ps、最大トルクは21.9kgm。 なお、米JDパワー&アソシエイツによる2013年の米国自動車信頼性調査では、レクサスが、昨年に続いて最高位だった。車種別では、トヨタが乗用車のなかで9部門中3部門、ライトトラックのなかで9部門中4部門で首位だった。米国でトヨタの信頼が回復しつつある。
posted by とも at 22:36| レクサス is | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

レクサスLFAの試乗記が注目:驚きの最新テクノロジーと走りを紹介・日本語字幕付きビデオもあり

レクサスLFAの試乗記を、AOLのオリジナル番組『トランスロジック』のホストのBradley Hasemeyerが字幕付きビデオであらわしていると、Autoblog JPが掲載し注目されています。

レクサスLFAの驚きの最新テクノロジーと走りを紹介。レクサスLFAの試乗だけではなく、マシンの裏側に隠された最先端のテクノロジーも詳しく紹介。

レクサスLFAの試乗記(日本語字幕あり)を見る。

なお、RXの下に位置しトヨタ「RAV4」の車台をベースに開発中のレクサスの小型SUVは、11月に開催される東京モーターショー13で披露される予定。BMW「X3」などと競合。

posted by とも at 09:45| レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月11日

ネットで買える「レクサスのカードキー専用のボタン電池」が好評:安価の790円

ネットで買える「レクサス・トヨタ車のカードキー専用のCR2412リチウムボタン電池」が、安価で好評です。税込み790円。

img57421835.jpg

ネットで買える「レクサス・トヨタ車のカードキー専用のCR2412リチウムボタン電池」の口コミ一覧を見る。「レクサスディラーでは高いので自分で交換です。安価に購入で助かります」

「レクサスのカードキーの電池ですが、電気ショップではおいていませんでした。調べてもらうと、店頭では市販しない電池とのことで、ディーラーしか扱わないかと思ったら、ネットで購入できて満足しています。 注文した翌日には配達されて、迅速な対応でした」など。

posted by とも at 12:55| レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月07日

「レクサス HS250h」はスピンドルグリル採用の大幅改良モデルが1月下旬に発表される:ハイブリッドシステムは変更なし

レクサスのハイブリッドセダン「HS250h」は、デビューから3年半を過ぎ、1月下旬にスピンドルグリル採用の大幅改良モデルが発表される。

レクサスRXやレクサスLSに続いて、スピンドルグリルが採用されることが、大幅改良のポイント。

ハイブリッドシステムにはこれまで通りで、エンジンとモーターのトータル出力は190ps。

なお、1月のデトロイトモーターショー13には、新型「レクサス IS」が公開された。
posted by とも at 14:55| レクサス ハイブリッド専用車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

レクサスisと新型クラウンの違い:車格は新型クラウンのほうが上か

レクサスisと新型クラウンの違いは、レクサスisの出自はアルテッツァのため、ブランドではレクサスisのほうが上で、車格は新型クラウンのほうが上のようだ。

レクサスisは運転そのものを積極的に楽しみたい人向きで、新型クラウンは豪華装備を優雅に楽しみたい人向き。クラウンはスポーツ的。

レクサスisのほうは、いろいろなサービス価額が上乗せされている。



posted by とも at 10:43| レクサス is | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月20日

「レクサス LFA」やトヨタ86などによる凱旋走行が今月25日富士スピードウェイで

今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースでクラス優勝した「レクサス LFA」、トヨタ86などによる凱旋走行が、今月25日に富士スピードウェイで開催される「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2012」が行われる。

また、来年夏開催予定のワンメイクレース「GAZOO Racing 86 Race」で使用される車両(86Racing)を使ってのスペシャルレースなども行われる。

トップドライバーが運転する車両に同乗できるサーキットタクシーやラリー同乗体験もある。コースを走るSUPER GTやフォーミュラ・ニッポン車両を、乗車したバスから間近に見学できるサーキット サファリもある。入場料は当日2500円。

トヨタ、レクサスのレーシングドライバーと新旧のレーシングカーが富士スピードウェイに会して、ドライバーとクルマ好きの来場者が一緒に楽しめるのがTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2012です。

ビッグマイナーチェンジを敢行したレクサス600hの大谷達也による試乗記、、、スピンドルグリルを得て外観は大きく変わったが、その中身は、、、。




posted by とも at 16:50| レクサス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。